工場紹介

本社工場

概要

8基のからし原料専用タンクを持ち、原料の段階からコントロール。原料→搾油→製粉→包装までを一貫したラインで生産できる工場です。用途に応じ、からし粉の水分をコントロールする大型の気流乾燥機を持つからし粉及び練りからしの生産工場です。

からし生産ライン
本社工場
所在地 愛知県一宮市萩原町戸苅字本郷前24-1
敷地面積 7,790u
延べ床面積 3,774u
建物構造 鉄骨1階建て(一部3階)外壁ALC

主たる製造品目及び月生産能力

主たる製造品目   からし粉、ねり製品を主に生産している工場
岐阜工場

概要

日本のほぼ中央 岐阜県南西部。
濃尾平野の北西部に位置する安八郡で2007年より操業している岐阜工場は、本社の練り部門の一部を移転。
名神高速が側を通り岐阜羽島インター、大垣インターが近く、交通の便もよく大型車の荷受もスムーズに行うことが出来ます。従業員の衛生面、品質面を考慮した作業環境と設備が工夫されております。
竣工:2007年(平成19年)4月

からし生産ライン
岐阜工場
所在地 岐阜県安八郡安八町中1636-1安八中工業団地内
敷地面積 11,691u
延べ床面積 2,683u
建物構造 鉄骨造2階建て
    自動倉庫 760(併設)
     

主たる製造品目及び月生産能力

主たる製造品目   ねりからし ねりスパイス他
主な生産設備   生産釜,パック充填機,チューブ充填ライン,ビン充填ライン,ボトル充填ライン

0.5gから1,000kgまでの練りからし包装ライン

包装ライン

0.5gのパック品から1,000kgのバルク品までの包装ラインを持ち、NB・PBに商品化し、ご要望にあった商品を生産します。

からし原料全品種を包装

からし原料には、オリエンタルマスタード、イエローマスタード、ブラウンマスタードの3品種があり、全ての品種の粒、ねりタイプの生産を行っています。

原料全品種を包装